1978-2020 HISTORY

常に最先端の安全性能を実現し、自動車業界全体の安全性向上
多大な貢献をしてきたメルセデス。そのDNAは最新車種にも
受け継がれています。

1886

The Birth of a Car

自動車の誕生

1886年1月29日に
世界で初めて「自動車」が誕生。

PHILOSOPHY

これならもう馬は要らない。

馬車型をしたベンツ自動車のデモンストレーションを見た農民が「これならもう馬は要らない」と感心したというエピソードが残されている通り、世界が初めて手にした自動車はまさに馬車代わりとなる乗り物になった。

1959

Systematic crash Testing

衝突実験開始

世界初である
衝撃吸収構造ボディを量産車に採用。

PHILOSOPHY

世界基準の上をいく、
独自の衝突実験。

ジンデルフィンゲンで初めての衝突実験とクラッシュ・ロールオーバーテストが開始。正面衝突や側面衝突など独自の実験で生み出された多くのテスト項目がこの地から生まれ、急速な安全性能の技術開発が始まった。

1969

Accident Research

事故調査

実際の事故現場に、開発部隊からチームを
派遣し、原因分析とデータ収集を実施。

PHILOSOPHY

真実は路上にある。

1969年には独自の事故調査部を開設し、事故現場の車の損傷や被害状況を約3,000項目にわたって調査。室内施設の実験では見えてこなかった事実が、後にエアバッグやPRE-SAFE®の発明につながった

1978

Anti-lock Braking System

ABS

急ブレーキによるタイヤのロックで
事故を起こさずステアリング操作も維持。

PHILOSOPHY

速度無制限の余裕。

メルセデスの安全技術には高速走行中、フルブレーキをかけてもスピンしない優れた操縦安定性が備わっている。そのブレーキ性能や高度な電子制御システムは、すべてドイツ国内での時速200kmでの走行を想定しているため、最高速度100kmの日本では十分な効果を発揮できる。

1981

The Belt Tensioner

シートベルト
テンショナー

シートベルトテンショナー

衝突事故時にはベルトを巻き上げ、乗員を
シートに引き寄せることで乗員の命を守る。

PHILOSOPHY

試練に耐えて、
安全は進化する。

ただのシートベルトでは「緩み」が原因でドライバーが怪我をする可能性がある。実際の事故を再現して最善の対策を追及し、瞬時にベルトを巻き上げる機能の開発に成功する。人名を守る機能の大きな一歩となった。

1989

ESP
(横滑り防止装置)

横滑り時に5種類のセンサーが感知し、
自動で個々のタイヤやブレーキ、
エンジン出力を制御し走行安定性を確保する。

PHILOSOPHY

コーナリング時、緊急回避時のハンドル操作やスリップを検知した際に、ブレーキとエンジン出力を瞬時に調整。車両を安定させ走行姿勢へ回復サポート。

1998

Radar Safety

レーダーセーフティ

レーダー
セーフティ

レーダーセンサーとカメラによって
車両を事故の危険から守る最先端の
安全運転支援システム。

PHILOSOPHY

クルマにも「目」と「耳」を。

交通事故の原因の約9割がドライバーの運転ミスによるもの。メルセデスはドライバーの「目」と「耳」だけに頼らず、クルマにもカメラとレーダーセンサーの2つを搭載。カメラとレーダー両方あることが、より高い安全性を提供する。

2002

PRE SAFE ®

  • 電動シートベルトテンショナーの作動
  • 着座ポジションの自動調整
  • サイドウインドウなどの自動クローズ
  • 衝撃時の衝撃音を緩和させる短時間ノイズの発生
PHILOSOPHY

衝突までの残された時間は
0.01秒でもムダにしない。

動物と同じように、クルマにも乗員を守る反射行動をとらせることで衝突時の乗員の被害を最低限に抑えるPRE-SAFE®を開発。衝突までの0.01秒まで出来ることを考えることがメルセデスの安全性の高さを物語る。

2013

完全自動運転実験
(Sクラス)

世界初の長距離自動車走行を遂げた
1888年から125年後、全く同じルートで
自動運転実験を実施。

PHILOSOPHY

メルセデスは、
インテリジェントドライブへ。

1888年にカール・ベンツの妻ベルタが行った「世界初の長距離ドライブ」と比較すると、この長距離"自動運転"実験は既に車が行き交う交通量の多いルートでの実験。それでもそのベルタが通った道を実験ルートに選んだのは、困難な目標を自らに課しそれに挑むのでなければ、メルセデス・ベンツの名に恥じることになるという特別な想いからであった。

2018

Mercedes-Benz User Experience

MBUX(Aクラス)

ハイ、メルセデス!の掛け声と会話で、視線をずらさずに操作できる
対話型インフォテインメントシステム。

PHILOSOPHY

「Hi,Mercedes!」

MBUXに「ハイ、メルセデス!」と声をかけて会話をするだけで、カーナビ操作やエアコンの温度調節、聴きたい音楽のセレクトなどの様々な指示をすることが可能。視線をずらさずに操作できるため、より安全な運転につながっている。

2020

常に最先端の安全性能を実現し、自動車業界全体の
安全性向上に多大な貢献をしてきたメルセデス。
そのDNAは最新車種にも受け継がれています。

  • 1886
  • 1959
  • 1969
  • 1978
  • 1981
  • 1989
  • 1998
  • 2002
  • 2013
  • 2018
  • 2020

EURO NCAP Best in Class

small Family Car

80年以上研究と開発を重ねた結果、欧州圏内で実施されてる自動車安全テスト
European New Car Assessment Programme (EUROP NCAP)から、2019年はSmall Family CarでBest in Classを受賞しました。